フォーラム一覧   -   トピック一覧
   コンサート告知
     「季節をめぐる歌たち」木下正道 作曲作品個展のお知らせ
投稿するにはまず登録を

フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 トピック
kinoshita
投稿日時: 2018-5-4 21:28
登録作曲家
登録日: 2007-10-4
居住地:
投稿: 166
「季節をめぐる歌たち」木下正道 作曲作品個展のお知らせ
〜おかげさまで前売り予約は終了いたしました。多くのお申し込みに深く感謝いたしております。〜

若い演奏家の協力を得て、全曲新作の個展を開催する事になりました。
お誘い合わせの上、どうかご来場ください。

「季節をめぐる歌たち」 木下正道 作曲作品個展
"Songs around Seasons" KINOSHITA Masamichi WORKS
〜ここからほんの少しだけ離れた隣にある、でもいつも見えない場所、聴こえない音〜
https://www.facebook.com/events/218581568872903

2018年6月13日 (水)
18時30分開場 19時開演
東京オペラシティ3F 近江楽堂

曲目 (全木下正道作品、全曲初演)
夏は夜 IV (清少納言) for Soprano, Clarinet & Guitar
3つの秋の歌 IV (八木重吉) for Soprano, Flute & Guitar
灰、灰たち.. 灰...V for Guitar & Percussion
冬のスケッチ (宮沢賢治) for Soprano, Bass Flute, Bass Clarinet & Percussion
季節表 II (エドモン·ジャベス) for Soprano, Flute, Clarinet, Guitar & Percussion

出演
小坂梓 : ソプラノ
沼畑香織 : フルート/バスフルート
岩瀬龍太 : クラリネット/バスクラリネット
土橋庸人 : ギター
會田瑞樹 : 打楽器

チケット|全自由席
前売・予約 3,000円/当日 3,500円/学生 1,500円(前売・当日とも)
チケットお申込み
largetamtam(atmark)gmail.com(木下)にご希望枚数、お名前、ご連絡先をお送りください。

主催|土橋庸人+keepsilence

6月の(おそらくは) 蒸し暑い夕暮れに、季節をめぐる歌たちをお届けいたします。
まずその時の季節である「夏」 からはじまり、秋から冬を経て春に至るのかと思いきや、約35分を予定している大曲「季節表 II」ですべては滞留し、薄明にはまだまだ遥かに遠い、
漆黒の闇夜の荒涼とした音風景が延々と続くことになるでしょう。
「季節の零度」また「時間の零度」を目指すその音楽が終わったとき、果たして今一度時間は動き出すのか、それとも...
若い世代の演奏家たちの渾身の演奏とともに、見届けて、聴き届けていただきたく思います。

小坂 梓 こさか あずさ|ソプラノ
桐朋女子高等学校、国立音楽大学卒業。第11回PIAjapanコンクール ドイツリート部門金賞。第32回ソレイユ音楽コンクール入選。第1回パン・パシフィック現代音楽コンクール アンサンブル部門第1位、審査員特別賞受賞。「愛の妙薬」アディーナ、「天国と地獄」ユリディス等で出演。宗教曲では戴冠ミサ(モーツァルト)、スターバト・マーテル(ペルゴレージ)等でソリストを務める。「ピアノ弾き歌いリサイタル」をシリーズで開催中。細江紀子、秋山理恵、平井香織、北村さおり、松井和彦の各氏に師事。二期会オペラ研修所マスタークラス修了。二期会会員。

沼畑 香織 ぬまはた かおり|フルート
千葉県野田市出身。尚美学園大学音楽表現学科フルート専攻卒業。同大学優秀者演奏会、ヤマハ音楽大学フェスティバルコンサート、第41回日本フルート協会デビューリサイタル等に出演。フルートを竹下正登、岡崎明義、故齊藤賀雄の各氏に、オカリナを谷元紀、茨木智博の各氏に師事。(株)フルートパーク タニテック、Gクワイヤ音楽教室、プレスト音楽教室、フルート・オカリナ講師。アムノルド フルートアンサンブル、オリジェム フルートアンサンブル、アンサンブルエステ、フルート&オカリナデュオ《アサキとカオリ》(第4回日本オカリナコンクールデュエット部門第1位)、各メンバー。

岩瀬 龍太 いわせ りゅうた|クラリネット
桐朋学園大学卒業後、ベルギーのアントワープ王立音楽院とモンス王立音楽院にて、ワルター・ブイケンス、ロナルド・ヴァン・スパンドンクの両氏に師事。第11回ピエトロ・アルジェント国際室内楽コンクール(イタリア)第1位。第4回マルコ・フィオリンド国際室内楽コンクール(イタリア)第3位。第5回パドヴァ国際室内楽コンクール(イタリア)第3位。夏期国際音楽アカデミー(ウィーン)においてバルトーク賞を受賞。ウィーンモデルン現代音楽祭、ISCM World New MusicDays 2013をはじめとする数々の音楽祭に招聘。

土橋 庸人 つちはし つねひと|ギター
エリザベト音楽大学卒業。ベルリン国立音楽大学ハンス・アイスラー大学院修了。松居孝行、佐藤紀雄、D.ゲーリッツの各氏に師事。リリエンフェルト(オーストリア)の音楽祭に招待、日独センター(ドイツ)内倉ひとみの個展にて久保摩耶子と共演、ドイツ文化センターにてクリスティーネ・イヴァノヴィッチによるエーリッヒ・フリートの「イザナギとイザナミ」公演に出演。「秋吉台の夏2015」にて、山田岳ギター・ポートレイトコンサート「コードウェルの為の祝砲」で共演、好評を博す。第1回パン・パシフィック現代音楽コンクール アンサンブル部門第1位。ウィーン・ギターフォーラム現代音楽賞受賞。

會田 瑞樹 あいた みずき|打楽器
打楽器奏者。1988年宮城県仙台市生まれ。武蔵野音楽大学ヴィルトゥオーソ学科打楽器専攻卒業、同大学院修士課程修了。佐々木祥、星律子、吉原すみれ、神谷百子、有賀誠門、藤本隆文の各氏に師事。学部3年時に日本現代音楽協会主催第9回現代音楽演奏コンクール「競楽鶻」第2位入賞。2016年NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」において會田の演奏を1時間に渡って特集した「打楽器百花繚乱-Percussion Extraordinaire Mizuki Aita-」が全国に渡って放送。2017年2ndアルバム「ヴィブラフォンのあるところ」を発表。レコード芸術特選盤はじめ大きな反響を得た。同年12月には3rdアルバム「五線紙上の恋人」を発表。

木下正道 きのした まさみち
1969年、福井県大野市生まれ。吹奏楽とハードロックの経験の後、東京学芸大学で音楽を学ぶ。大学入学後はフリージャズや集団即興、お笑いバンド活動なども行った。2001年度武満徹作曲賞選外佳作(審査員オリバー・ナッセン)、平成14年度文化庁舞台芸術創作奨励賞、2003年日本現代音楽協会新人賞等に入選。現在は、様々な団体や個人からの委嘱や共同企画による作曲、優れた演奏家の協
力のもとでの先鋭的な演奏会の企画、通常とは異なる方法で使用する電気機器による即興演奏、の3つの柱で活動を展開する。
作曲においては、厳密に管理された時間構造の中で、圧迫されるような沈黙の中に奏者の微細な身体性が滲み出すような空間を作ることを目指す。演奏会企画においては、演奏家との周密な打ち合せのもと、先鋭かつ豊かな音楽の様相を感じ取れるような音楽会を開催する。また電気機器即興は、池田拓実や多井智紀と「電力音楽」を名乗り、その他様々な演者とも交流し、瞬間の音響の移ろいを聴き出すことに集中する。武生国際音楽祭で出会った作曲家( 徳永崇、渡辺俊哉、星谷丈生)とともに、作曲家グループ「PATH」を結成、定期的に演奏会を開催。武生国際音楽祭「新しい地平」コーディネイター。
ここ数年は年間15曲程度を作曲、初演。またいくつかのレコーディングも予定されている。
フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » 「季節をめぐる歌たち」木下正道 作曲作品個展のお知らせ kinoshita 2018-5-4 21:28

投稿するにはまず登録を