2016 | 03 | 06 | 07
2015 | 03 | 05 | 06
2014 | 03 | 10
2013 | 01 | 05 | 06 | 10 | 12
2012 | 01 | 03 | 04 | 06 | 11 | 12
2011 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2010 | 02 | 03 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11
2009 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2008 | 11 | 12
木下正道  
2012年11月02日(金曜日)
11月 (および12月初頭) の予定 00:35  kinoshita 
11月11日(日)および12月1日(土)に、バリトンとフラウト・トラヴェルソのための「アンデルセン白鳥の歌」が初演されます。

イメージエア音楽事務所さんからのご案内を転載いたします。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢
渡瀬英彦・渾身のソロリサイタルを、11月・12月に開催します!
渡瀬英彦 フルート・ソロ・リサイタル
http://imageairproject.tumblr.com/ss
11月11日(日)14時開演 @ラトリエ(渋谷)http://d.hatena.ne.jp/auxpetits/
12月1日(土)14時30分開演 @淀橋教会(新大久保)

【プログラム】
南部牛追唄
甲斐説宗:フルート・ソロのための音楽
フランソワ・クープラン:恋するうぐいす
近藤譲:A Crow
武満徹:Air
木下正道:アンデルセン白鳥の歌 (委嘱新作・フラウト・トラヴェルソとバリトンのための)

【出演者】
渡瀬英彦(フルート/フラウト・トラヴェルソ)
上江法明(バリトン)[ゲスト]
山本直人(ソプラニーソ・サクソフォン)[ゲスト]

■□■ 公演の聴きどころ ■□■

◯プログラムは、武満徹・近藤譲・甲斐説宗の20世紀の作品に、
1733年に没したクープラン(ラヴェルの『クープランの墓』でも有名ですね)、
そして岩手県民謡の『南部牛追唄』。
特に『南部牛追唄』は渡瀬の強いリクエストから選曲しました。
西洋音楽と日本的単旋律の出会い、そして渡瀬の音楽観を通して、
音楽の素晴らしさを感じて頂ける時間になるでしょう。

◯プログラムの最後を飾るのは、3月のすみだトリフォニーでの
オーケストラ作品の鮮烈さも記憶に新しい、気鋭の作曲家木下正道の新作です。
今回の公演に際して委嘱し、フラウト・トラヴェルソ
(バロック以前によく用いられていたフルート)とバリトンの為の作品になります。
現在も鋭意作成中、こちらの初演もお聴き逃しなく!(作曲終わりました...木下記す)

◯会場は2ヶ所、渋谷に新たに生まれた「ラトリエ」と、
古楽器の演奏会でも定評のある「淀橋教会」。どちらも素晴らしい残響に恵まれた会場です。


◎コンサートの詳細とチケットのお申込みは
◯11月11日 http://ss1111.peatix.com
◯12月1日 http://ss1201.peatix.com
Mail: info(アットマーク)imageairproject.com

リンク元  (5)
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.