2016 | 03 | 06 | 07
2015 | 03 | 05 | 06
2014 | 03 | 10
2013 | 01 | 05 | 06 | 10 | 12
2012 | 01 | 03 | 04 | 06 | 11 | 12
2011 | 01 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2010 | 02 | 03 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11
2009 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2008 | 11 | 12
木下正道  
2010年7月06日(火曜日)
7月の予定 04:33  kinoshita 
7月8日
19時開演・すみだトリフォニー 小ホール
「石をつむ 〜二十絃箏と箏歌のための」が初演されます。
http://www.pluto.dti.ne.jp/~tomo9/nanae/H_concert.htm
二十絃箏=田村法子


7月10日
15時20分頃・東京・上野・東京文化会館 4F鑑賞室 
しばてつさん主宰の「近況」に出演いたします。
http://blog.livedoor.jp/shibat9/archives/51756370.html
ピアノソロのための「crypte1,2」のための準備である「crypte0.4、0.3」を演奏いたします。


7月23日
東京私的演奏協会主催のライブに、多井智紀さんと出演いたします。
http://web.me.com/seitaroishikawa/verein/Top.html
場所:渋谷ステュディオ
◯津堅泰久 「夜」 (チェロソロ)
◯木下正道 「graduale II 〜津堅泰久の追憶に〜」 (チェロ、ピアノ)
◯即興演奏   (主に電気機器を用います)

多井智紀 (チェロ、電気機器)
木下正道 (ピアノ、電気機器)
演奏時間は全体で約1時間、終演後にワインパーティーを予定。
19時開場、19時30分開演。
入場料は1500円です。

 津堅泰久さんは、2001年に武生国際音楽祭で細川俊夫さんの監修のもと作曲ワークショップが始まって以来、毎年必ず参加されていた唯一の (講師、スタッフなどは除いて) 方です。ドイツ語に堪能で、ドイツリートをこよなく愛して、自らも作曲を志しておられました。私自身、武生で演奏される津堅さんの新作を毎年楽しみにしていました。その音楽は素朴で幾分朴訥な語り口ながらも、あくまでも等身大に自分の言いたいことを言い切る、聴く者の心の奥底深くに届くものでした。これから少しずつ東京でも彼の作品を紹介しようと思っていた矢先に、突然この2月に亡くなられました。今回は津堅さんが遺したチェロのための小曲と、津堅さんを追憶して作曲した木下の作品を演奏し、また電気機器を交えた即興というプログラムでお送りいたします。    

リンク元  (2)
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.